池江璃花子ニップンCMで魅せたハイレグ水着の神レベル画像・動画を今すぐチェック!目標は2024パリ五輪出場とメダル獲得!

2022年2月のアスリートイメージ総合ランキング(※)で5位に輝いた池江璃花子さん、ニップンCMで魅せたハイレグ水着がまさに神レベルです!

2024年パリオリンピック競泳日本代表を目指す池江璃花子選手のハイレグ水着の画像・動画を今すぐチェックしましょう!

 

※2022年2月アスリートイメージ総合ランキング
1位:大谷翔平(野球) 
2位:羽生結弦(フィギュアスケート) 
3位:新庄剛志(野球)
4位:藤澤五月(カーリング) 
5位:池江璃花子(水泳) 
6位:平野歩夢(スノーボード)
7位:吉田知那美(カーリング) 
8位:松山英樹(ゴルフ) 
9位:八村 塁(バスケットボール)
10位:高木美帆(スピードスケート)

  

スポンサーリンク

池江璃花子(いけえ・りかこ)の現在までの経歴など簡単なプロフィールをチェック!

▼競泳部門では抜群の人気と実力を誇る池江璃花子さん!

  

2020東京オリンピックではリレーで出場した池江璃花子さん。

2022年3月の国際大会日本代表選考会では、100メートル自由形と100メートルバタフライで優勝したのですが、厳しすぎる派遣標準記録をクリアできなかった(0.01秒差)ことから世界選手権(2022年6月ブダペスト)の出場権を逃した池江璃花子さん。


「情けないレースをした。気持ちが空回りをした。」
「何も成長していないです。この1年、頑張ってきたのになんでだろうっていう、気持ちでいっぱいです」
「今の自分にはネガティブな言葉しか出てこないです」
池江璃花子さんの涙は止まりませんでした。

しかし、大会最終日は、気持ちをリセットし、
「戦わずして負けるか、戦って終わるか、どちらかを選ぶのなら、自分のためにも泳いで未来につなげたい」
と前向きに気持ちを入れ替えます。

2019年2月白血病で絶望の淵に落ち、本格練習再開2年経過、奇跡の復活を遂げた池江璃花子さんの言葉、不屈の精神に頭が下がります。

2024年パリオリンピック日本代表に向けて、日々前に進む池江璃花子さんを見守っていきたいと思います!

   

池江璃花子(いけえ・りかこ)プロフィール

●出身地:東京都江戸川区
●生年月日:2000年7月4日(21歳)
●小学:江戸川区立西小岩小学校
●中学:江戸川区立小岩第四中学校
●高校:淑徳巣鴨高等学校
●大学:日本大学スポーツ科学部
●競泳選手、自由形とバタフライ
●身長:171cm
●体重:57kg
●リーチ:186cm
●足サイズ:26.5cm
●所属:株式会社ルネサンス
●マネジメント契約先:株式会社ジエブ

  

スポンサーリンク

池江璃花子ニップンCMで魅せたハイレグ水着が神レベルの美しさ!

  

「ニップン」という耳慣れない名前は、以前は「日本製粉株式会社」という会社名で、2021年から「ニップン」へ社名変更し、あのカップヌードル・チキンラーメンを生み出した日清製粉グループのライバル会社です。

「株式会社ニップン」は製粉業、食品業を営む会社で、池江璃花子さんをイメージキャラクターに据えることで、会社の好感度を上げようとしてます。

  

ニップンCMのテーマは「食事は未来を連れてくる」です!

  

▼まさに神レベルな池江璃花子さんハイレグ水着!

  

▼池江璃花子さんニップンCMのYoutube動画です。

  

スポンサーリンク

合わせて読んでいただきたいスポーツの記事!

▼神様は乗り越えられない試練は与えない。by 池江璃花子

  

こちらのスポーツ関連記事もよろしく読んでいただきたくお願いします。

  

⇒株式会社斎藤佑樹とは何の会社なのか?ホームページのスカスカに込められた意図は野球未来のため!

⇒新谷仁美(東京マラソン2位)の「二度と走りたくない」の真意とは!2024パリ五輪はマラソンか1万mかどちらで出る?

⇒遼河はるひの夫・鈴木彩貴の現在は?今はかつての所属チームに復帰!現役時代サッカー所属来歴も!

  

ABOUT US
ムービー杉本
テレビ大好き「ムービー杉本」が芸能・アイドル・ドラマ・アニメ・スポーツを語る! テレビ番組・ドラマ・アニメ・マンガ・ノベルなどで、この人は誰?どんな人物? アラスジやネタバレ? など気になることがたくさん出てきます。自分の備忘録のためと、同じような事を知りたい人のために、疑問点を解消します。 そのほか、音楽、旅行、ワンコ、お金、、、様々なお役立ち情報を日々提供します。 お気軽に読んでくださいね!