新谷仁美(東京マラソン2位)の「二度と走りたくない」の真意とは!2024パリ五輪はマラソンか1万mかどちらで出る?

2022年3月6日の東京マラソン日本人2位の好成績を出した新谷仁美(にいや・ひとみ)さんがマラソン後のテレビ・インタビューで驚きの発言をなさったことをご紹介したいと思います。

マラソンが終わってからの新谷仁美さんの驚きの証言とは「二度と走りたくない」です。

陸上競技選手として輝かしい成績を出している新谷仁美さんですが、えっ!?という発言ですね。さらに東京マラソンで好成績を収めたことからパリ2024オリンピックの代表選考会出場権も得ましたがマラソンに今後も出るのか!?

インタビューを聴いてますと、新谷仁美さんの素直な本音と真意が伺えましたし、スポーツのみならず人生の指針にも私には聞こえましたので、ご紹介したいと思います。

  

スポンサーリンク

新谷仁美の現在までの経歴など簡単なプロフィールをチェック!記録もエピソードもスゴイ!

  

2022年3月6日の東京マラソンで男女含めて日本人2位の素晴らしい成績を叩き出した新谷仁美(にいや・ひとみ)さんのの現在までの経歴など簡単なプロフィールをチェックします!

1988年2月26日生まれでご出身は岡山県総社市の今年34歳、これトップレベルの陸上競技選手としてはかなり高い方ではないでしょうか?現役バリバリで成績上位は20代というのがふつうですので、頑張ってます。

小さいころからスポーツ万能でバスケットボールやサッカーもやっていたというくらい。高校時代の陸上部では、走るタイムは時計を必要がないほど体内時計で間に合わせていたというほどのエピソードが残っています。

  

新谷仁美 プロフィール

生年月日:1988年2月26日(34歳)
出身地:岡山県総社市

総社東中学校(総社市立)
興譲館高等学校
身長:166㎝
体重:44㎏
競技:陸上競技
種目:長距離走
所属:積水化学

  

陸上競技の方では、学生時代から始めます。

高校生のとき2005年(平成17年)、おかやま国体では選手宣誓、大会最終日の3000mで地元唯一の優勝をもたらしました。

実業団時代、2007年(平成19年)2月、第1回東京マラソンで初マラソンに挑戦、2時間31分01秒の記録で女子の部で初優勝を果たしました。

2014年(平成26年)1月25日、現役からの引退を表明しますが、2018年現役復帰を果たします。

2021年8月7日、2020年東京オリンピックの陸上競技女子10,000m決勝に出場しました。

新谷仁美さんの競技成績のまとめはコチラになります。

  

新谷仁美 競技成績

1500m:4分20秒14(2020年)
3000m:9分08秒86(2005年)
5000m:14分55秒83(2020年)
10000m:30分20秒44(2020年)日本記録
ハーフマラソン:1時間6分38秒(2020年)日本記録
マラソン:2時間21分17秒(2022年)

  

このように輝かしい陸上競技成績をもちながら、日常のエピソードもそれに劣らず凄いんです。

「マニキュアをつけただけでも体が重く感じる」

「世界陸上は婚活が理由で出ました。テレビに顔が映るように、2位で走っていた時は1位の選手の横に少しずれて走っていました」

「金メダルより彼氏が欲しい」

  

発言に大物感が出てますが、いよいよ新谷仁美さんのマラソンに対する真意に迫りたいと思います。

  

スポンサーリンク

新谷仁美「二度と走りたくない」の真意とは!ほんとうにマラソンは苦手で嫌いで、走り抜くために取った驚愕の秘策とは!?!

  

「二度と走りたくない」

えっ!?

スポーツで良く出るフレーズに「楽しみたい」「楽しめました」と多くの選手が言いますが、陸上競技選手が「二度と走りたくない」ってふつう言わない言葉です。

陸上競技選手のなかでも活躍している新谷仁美さんがなぜこんなこと言うのか、興味津々です。

「(マラソンは)長いな」

5,000mや10,000mでは考えることもなく走ることに集中できるので好きだと発言。

好きな5,000mや10,000mでは考える間もなく試合が終わるのに対し、マラソンは2時間以上かかるため試合中ついつい考えこんでしまうと、、、つまり雑念が入って嫌だと!

そこで時間のかかる超長距離のマラソンを走り抜くために取った秘策とは!?

沿道の応援している人を観察しながら走っていて、カッコイイ人を見つけるのが楽しみだと!

その中にイケメンがいると思わず「かっこいいな」とつぶやく新谷仁美さん・・・

実際に、今回の東京マラソン25キロ地点にひとりだけイケメンを見つけたと喜んでました!

2時間超の時間を気を紛らわせるため取った秘策がイケメン探しと、、、これありかなと思えてしまいます。

  

そんな、マラソンは嫌いだと公言している、新谷仁美さんはなぜマラソンに挑むのか?

まだ記憶に新しい2021年8月の東京オリンピックでは10,000mで21位という芳しくない成績で終わりました。東京5輪の結果を引きずって、走る自信を取り戻すために、苦手なマラソンに挑んだというわけです。

マラソン挑戦は自分に対するリベンジだった!

  

  

その結果。  

2022年3月6日の東京マラソンで2時間21分17秒、男女含めて日本人2位の好成績で、2024年パリ5輪の代表選考会MGCの出場権を獲得しました。(女性1位はブリジット・コスゲイ(ケニア) 2時間16分02秒)

2024年パリオリンピックへの期待が高まる中、マラソン転向について新谷仁美さんはこう続けます。

「マラソンにするか10,000mにするのか、今の時点ではまだ決まっていないんですけど」

決まってないと言いながら、  

「結果でしか返せるものがないので、覚悟を持って仕事を全うしたい」

これは事実上のマラソン出場を心の中には決めているということではないでしょうか。

さらに陸上競技を仕事という言葉を使って表現しているのが新鮮です。

  

しかし次の言葉に本音が出てきます。

「でも、できれば走りたくない」

42.195キロという過酷な距離を走り抜くというのは強靭な体力と精神力が無いとできないものでしょう!「できれば走りたくない」。でも仕事として使命を成就させるのが自分に課せられた最優先事項だと覚悟する!

これ、自分を客観視してないと出ない言葉ですよね。自らを第三者的に見るって、すごく大切です。そして、客観視した言葉をほかの人に伝えるのって勇気が要ります。

スポーツの場合、自分の使命ができないと悟った時が引退なのでしょうね。

新谷仁美さんの本音はとても人間味があふれていて好感が持てます。

ぜひとも次回のマラソンで好成績を出してほしいと願わざるを得ません。

  

スポンサーリンク

あわせて読みたいスポーツ関連記事!

▼2022年3月6日の東京マラソンで男女含めて日本人では2位の活躍!

https://twitter.com/SekisuiF/status/1500299940039331843

  

こちらのスポーツの記事も読んでいただければ幸いです!

  

⇒遼河はるひの夫・鈴木彩貴の現在は?今はかつての所属チームに復帰!現役時代サッカー所属来歴も!

⇒河本結「デーモン閣下状態」の画像に注目!似てるのはメイクだけ?すっぴんで確認!

河本結「デーモン閣下状態」の画像に注目!似てるのはメイクだけ?すっぴんで確認!

斎藤佑樹の最強メンタルノウハウは「考えてもしょうがないBOX」にあった!

斎藤佑樹の最強メンタルノウハウは「考えてもしょうがないBOX」

  

ABOUT US
ムービー杉本
テレビ大好き「ムービー杉本」が芸能・アイドル・ドラマ・アニメ・スポーツを語る! テレビ番組・ドラマ・アニメ・マンガ・ノベルなどで、この人は誰?どんな人物? アラスジやネタバレ? など気になることがたくさん出てきます。自分の備忘録のためと、同じような事を知りたい人のために、疑問点を解消します。 そのほか、音楽、旅行、ワンコ、お金、、、様々なお役立ち情報を日々提供します。 お気軽に読んでくださいね!