鎌倉殿の13人【第1回大いなる小競り合い】あらすじ(ネタバレ)と登場人物(相関図)!予測不能エンターテインメント、ここに始まる!

2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」「第1回 大いなる小競り合い」のあらすじ(ネタバレ)登場人物(相関図)を分かりやすくまとめました。

「鎌倉殿の13人」は初回から三谷幸喜さんの脚色が濃く出た爽快感溢れる滑り出しでした。 コメディタッチとシリアスな場面、複雑な人間関係、癖が強すぎる登場人物たち、源平・鎌倉時代を舞台にした三谷幸喜ワールド炸裂の予測不能エンターテインメント、ここに始まりました!

超期待の「鎌倉殿の13人」 、このドラマで2022年は乗り切れる!

   

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人「第1回 大いなる小競り合い」 あらすじ(ネタバレ)、頼朝の命を助けた政子のアイデアとは!

2022年NHK大河ドラマが始まりました。2016年「真田丸(さなだまる)」の三谷幸喜作品ということもあって、個人的に非常に期待が高まります。

   

主人公・北条義時(小栗旬) と姫(?)が馬で追手から逃げるシーンから始まる!

始まりは、いきなりの馬の追跡劇からです!馬上にいるのは、主人公・北条義時(小栗旬)、うしろには高貴な姫君が乗っている。なぜ追われているのか、そんなことより義時の後ろにいる姫は誰なの?なぜ追われている?次はどうなる?、素晴らしい滑り出しです。

  

安元元年1175年の伊豆。北条家はのんびり暮らしていた

時は安元元年1175年(平安時代末期)の伊豆の地。北条家は父・ 北条時政(坂東彌十郎)、長男・宗時(片岡愛之助)、長女・政子(小池栄子)、次男で主人公の義時(小栗旬)、次女・実衣(みい 宮澤エマ)らとのんびりと暮らしてました。

伊豆とは、現在の静岡県の東に位置する伊豆半島で、年間を通して温暖な気候に恵まれ、平野部は少なく山と海に囲まれ、熱海・修善寺と伊東の温泉行楽地として有名ですが、昔の時代は流刑の地とされていました。物語の序盤は、そんな伊豆が舞台です。

北条時政(ときまさ 坂東彌十郎)は帝を警護する大番役を務めを終えた伊豆の豪族で、時政は3年ぶりに京都から伊豆へ戻ってきました。そして、無事帰郷の時政を祝って一族縁者らが宴会を開きます。

▼北条時政(ときまさ 坂東彌十郎)

   

源頼朝が北条氏に身を寄せる理由

のちに鎌倉幕府を開いた源頼朝(みなもとのよりとも 大泉洋)は、平治の乱で平氏との戦いに敗れ、1160年に流刑に処されます。

主人公・北条義時の祖父・伊東祐親(いとう・すけちか)は、平家に仕え、その威光を後ろ盾に伊豆でのし上がった実力者であり、平清盛から源頼朝の身柄を預かり監視してきました。

伊東祐親(いとう・すけちか)が京で鄭家の務めをしている間、最愛の娘の八重と源頼朝ができてしまい(親密)、子供まで生まれてしまいます。これ以上、伊東祐親の館にいればヤバイと命の危険を悟った源頼朝は伊東の館から脱出します。これには父・伊東祐親(いとう・すけちか) に反発する息子次男・伊東祐清(すけきよ)と源氏再興をもくろむ北条宗時(むねとき 片岡愛之助)も加担します。

頼朝が監視下から離れたことに激怒した伊東祐親 は源頼朝を探し処分するよう家人(けにん)に命じます。

  

政子の一計で頼朝は九死に一生を得る!

伊東祐親(いとう・すけちか)の軍勢が北条家を取り囲み、頼朝の引き渡しを命じます。

頼朝ピンチのとき、頼朝に惚れた政子は一計を案じ 、頼朝に女性の着物を着せ、馬で義時と脱出をはからせます。ここで物語の始まりとつながるのです!

時間がない中でなぜ化粧までしたのか、頼朝の女化粧姿が爆笑!

      

日本史を揺るがす波乱の幕開けが始まった!

平家によって流罪人となった源頼朝(大泉洋)が北条家に転がり込んできてから、北条家のお家の状況は一変し、日本史を揺るがす波乱の幕開けとなります。このころの日本の状況をナレーターである長澤まさみさんがこう語ってます。

栄華を極める平家の世に、小さなほころびが生じようとしている。
源氏の名のもとに集う新しい力。
歴史がうねり始めている。

語り:長澤まさみ

    

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人「第1回 大いなる小競り合い」 登場人物の一覧と相関図!複雑な人間模様もこれで理解できる!

鎌倉殿の13人「第1回 大いなる小競り合い」から、多彩で複雑な人間関係が描かれました。とにかく各人の癖が強い。さらに人物名では、北条家だけでも似たような名前が多いですし、源頼朝を左殿(すけどの)と呼ばれると頭が混乱してきます。

鎌倉殿の13人「第1回 大いなる小競り合い」 登場人物の整理と相関図をあげましたので、ご参考にしてください。

  

北条家(北条時政 宗時 政子 義時 実衣)と源頼朝

● 北条時政(父・ときまさ 四郎  演・ 坂東彌十郎)
帝を警護する大番役を務めを終えた伊豆の豪族、北条時政は3年ぶりに京都から伊豆へ戻る。優しくお茶目。息子・ 宗時が頼朝をかくまうのに激怒するが、結局は承諾し頼朝側につく。

● 北条宗時 兄 むねとき  演・ 片岡愛之助
熱血漢で正義感に溢れ、源頼朝のもと 源氏再興のため平家に戦いを挑む。

● 政子 姉 まさこ  演・ 小池栄子
あろうことか高貴なお方であるが故に源頼朝にぞっこん惚れ込んでしまう。
頼朝は政子を美人と評価。

● 北条義時 主人公 よしとき 小四郎・こしろう  演・ 小栗旬
物語の序盤では現状維持で良いと思っている若武者。のち鎌倉幕府の第2代執権まで上りつめる。

● 実衣 妹 みい  演・ 宮澤エマ

● 源頼朝 みなもとのよりとも  左殿(すけどの) 演・ 大泉洋
都から追放された流浪人だが、 八重(やえ 祐親の娘 新垣結衣)と濃密な間柄となり子をもうける。しかも、お世話になっている北条家の長女・政子からも惚れられるというもてぶりがスゴイ!

● 仁田忠常 ただつね 演・高岸宏行(たかぎし・ひろゆき/ティモンディ)
ティモンディの漫才と同じハキハキ元気口調で演じる北条家に仕える勇猛果敢な武士。

   

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/cast/02.html

  

三浦家  三浦義澄  三浦義村

● 三浦義澄 みうら・よしずみ 三郎  演・ 佐藤B作
北条時政の友人
● 三浦義村 みうら・よしむら 平六へいろく  演・ 山本耕史
北条義時の友人

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/cast/02ito.html

   

伊東家  伊東祐親 河津 祐泰 伊東祐清 八重

● 伊東祐親 祖父 いとう・すけちか 祖父  演・ 浅野 和之(あさの・かずゆき)
主人公・北条義時(小栗旬)の祖父。平家に仕え、その威光を後ろ盾に伊豆でのし上がった実力者。平清盛から源頼朝の身柄を預かり監視してきた。娘の八重を奪った頼朝の命を狙う。
● 河津祐泰  祐親の息子長男 かわづ・すけやす 演・山口 祥行(やまぐち・よしゆき)
伊東祐親の息子で八重、祐清の兄。勇猛な武士で相撲も強く、祐親から託された伊豆・河津を本拠とする。
● 八重 やえ  祐親の娘  演・ 新垣結衣
頼朝との間にできた千鶴丸は祐親の下人・善児(梶原善)によって短い生を終える。
● 伊東祐清  祐親の息子次男 いとう・すけきよ  演・ 竹財輝之助
父・ 祐親に反発。 主人公・北条義時(小栗旬)の兄・宗時(片岡愛之助)とともに頼朝を伊東家から逃し、北条家でかくまうように働く。

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/cast/02ito.html

   

スポンサーリンク

NHKドラマ、こちらの記事も合わせて読んでください!

  

資金が潤沢なNHKだけあってドラマの質は他局より優れている作品が多いと感じます。これまでNHKドラマの記事を書いてきましたので、こちらの記事も読んでいただければ非常にありがたいです。

   

⇒鎌倉殿の13人【第2回 佐殿の腹】あらすじ(ネタバレ)と登場人物(相関図)を解説!頼朝の変わり身の早さと処世術に義時は翻弄される!

   

⇒鎌倉殿の13人【第1回大いなる小競り合い】あらすじ(ネタバレ)と登場人物(相関図)!予測不能エンターテインメント、ここに始まる!

   

⇒【ディア・ペイシェント】放送開始!放送日・キャスト、文庫本原作あらすじ・登場人物・感想、南杏子プロフを解説!

【ディア・ペイシェント】放送開始!放送日・キャスト、文庫本原作あらすじ・登場人物・感想、南杏子プロフを解説!

  

⇒岸辺露伴は動かない(実写化)のキャストとスタッフ!漫画との比較や評価は!

岸辺露伴は動かない(実写化)のキャスト・スタッフ!

   

  

ABOUT US
ムービー杉本
テレビ大好き「ムービー杉本」が芸能・アイドル・ドラマ・アニメ・スポーツを語る! テレビ番組・ドラマ・アニメ・マンガ・ノベルなどで、この人は誰?どんな人物? アラスジやネタバレ? など気になることがたくさん出てきます。自分の備忘録のためと、同じような事を知りたい人のために、疑問点を解消します。 そのほか、音楽、旅行、ワンコ、お金、、、様々なお役立ち情報を日々提供します。 お気軽に読んでくださいね!