佐々木蔵之介のジン役(実写版名探偵コナン)は黒歴史というが今みるとそうではない説!

佐々木蔵之介のジン役(実写版名探偵コナン)は黒歴史というが今みるとそうではない説!
佐々木蔵之介のジン役(実写版名探偵コナン)は黒歴史というが今みるとそうではない説!

2024年度大河ドラマ「光る君へ」藤原氏役で出演中の佐々木蔵之介さん、2007年の実写版コナンで、黒の組織ジンという役で出演しました。

当時は、これが評判よろしくないと悪評をかって、はてまた黒歴史とまで一部言われてました。

どうしても漫画の実写化は、漫画のイメージが強すぎて実写版との食い違いが評価を下げる原因になりますね。

しかし、17年たった今見ると、佐々木蔵之介のジン役のほかキャスティングをながめると、意外にイケてるんじゃないかと思った次第です。

ということで、「佐々木蔵之介のジン役(実写版コナン)は黒歴史というが今みるとそうではない説!」というお題で進めますので、お気軽に読んでください!

  

スポンサーリンク

佐々木蔵之介のジン役とはどんな役どころだったのか?

  

▼「実写版コナン」でジン役を演じる佐々木蔵之介

  

実写版「名探偵コナン」(テレビドラマ)は、2006年から2013年まで5作品が放送されました。

そのうち、佐々木蔵之介さんがジン役を演じたのは、2007年12月17日21:00-22:48に放送された第2作『工藤新一の復活! 〜黒の組織との対決(コンフロンティション)〜』です。

この作品では、工藤新一が黒の組織にAPTX4869を飲まされて小学生になった事件の真相が明かされます。佐々木蔵之介さんは、黒の組織のリーダー格であるジンを冷酷で残忍な人物として演じました。

以下に、実写版「名探偵コナン」(テレビドラマ)の概要。

  • 原作:青山剛昌「名探偵コナン」
  • 放送:2006年 – 2013年
  • 放送局:日本テレビ
  • キャスト:
    • 工藤新一:小栗旬(第1作・第2作)、溝端淳平(第3作・第4作)
    • 毛利蘭:黒川智花(第1作・第2作)、忽那汐里(第3作・第4作)
    • 鈴木園子:岩佐真悠子(第1作・第2作)、秋元才加(第3作・第4作)
    • 佐々木蔵之介(第2作)

  

佐々木蔵之介さんのジン役は、実写版「名探偵コナン」の人気キャラクターの1つです。

  

ジンとは;

ジンは「名探偵コナン」に登場するキャラクターで、黒ずくめの組織の幹部です。彼は工藤新一(江戸川コナン)に未完成の薬APTX4869を飲ませ、彼の小さな体への変化を引き起こした張本人として知られています。ジンは非常に冷酷な性格をしており、鋭い観察力と洞察力を持ち、組織の障害となる人物を容赦なく排除します。彼の愛車はポルシェ356Aで、組織のボスとも直接連絡を取り合う重要な位置にいます。

ジンは高い戦闘能力を持ち、多方面にわたる知識も豊富です。時にはコナンや服部平次のような高校生探偵や、赤井秀一、安室透などのキャラクターとも肩を並べる推理力を発揮することがあります。また、彼は「猟犬・殺し屋」としての能力も高く評価されており、組織内での彼の地位は非常に高いです。ジンは、暗殺や内部粛清を担い、組織のためには容赦なく行動しますが、一方でコナンや灰原を知らぬ間に救っている場面もあり、複雑な人物像を持っています。

本名は「黒澤陣」とされており、日本国籍である可能性が高いと考えられていますが、詳細な情報は明かされていません。ジンの年齢も明確にはされておらず、作者はファンが想像する年齢で良いと述べています。

  

ジンは、原作・アニメ・実写版と、どの媒体でも人気の高いキャラクターです。冷酷で残忍な一方で、どこかミステリアスな魅力を放つ彼は、多くのファンを魅了し続けています。

   

スポンサーリンク

佐々木蔵之介のジン役は当時は黒歴史だった!?

  

佐々木蔵之介さんがジン役を演じた第2作『工藤新一の復活! 黒の組織との対決(コンフロンティション)』は、2007年12月17日に放送されました。

放送当時の評判やクチコミは、概ね好意的なものでした。佐々木蔵之介さんのジン役については、以下のようなコメントがありました。

  • 「原作のイメージ通りの、クールで冷酷なジンだった」
  • 「佐々木蔵之介さんの演技が、ジンの恐ろしさをより引き立てていた」
  • 「ジンのミステリアスな魅力を、佐々木蔵之介さんが見事に表現していた」

佐々木蔵之介さんは、原作のジンのイメージを忠実に再現し、冷酷で残忍な性格を、見事に演じていました。また、目線や表情でジンの恐ろしさを表現し、原作ファンからも高い評価を得ました。

全体的に見ると、佐々木蔵之介さんのジン役は、原作ファンからも高い評価を得ていました。また、ストーリーも原作を忠実に再現し、多くのファンを満足させる作品となりました。

以下に、具体的な評判やクチコミをいくつかご紹介します。

  • 「原作のイメージ通りの、クールで冷酷なジンだった」

これは、佐々木蔵之介さんのジン役を最もよく表しているコメントです。佐々木蔵之介さんは、長い黒髪をオールバックにした、クールな外見と、冷酷で残忍な性格を、見事に演じていました。

  • 「佐々木蔵之介さんの演技が、ジンの恐ろしさをより引き立てていた」

佐々木蔵之介さんは、ジンの冷酷で残忍な性格を、目線や表情で表現していました。特に、灰原哀を捕らえようとするシーンでは、その恐ろしさが伝わってきました。

  • 「ジンのミステリアスな魅力を、佐々木蔵之介さんが見事に表現していた」

ジンは、黒ずくめの組織の中心人物であり、その正体や目的は謎に包まれています。佐々木蔵之介さんは、そんなジンのミステリアスな魅力を、見事に表現していました。

  

一方で、佐々木蔵之介さんのジン役に対するネガティブな意見、評価、クチコミは、概ね以下のようなものでした。

  • 「原作のイメージと違う」

佐々木蔵之介さんは、原作のジンよりも年齢が若く、また、原作では目元が隠れていることが多いジンとは異なり、目元が見える演技をしていました。そのため、原作のイメージと違うとの声がありました。

  • 「冷酷さが足りない」

佐々木蔵之介さんは、原作のジンの冷酷な性格を、表情や目線で表現していましたが、原作のジンほど冷酷さが感じられないとの声がありました。

  • 「アクションシーンが物足りない」

原作では、ジンは銃や格闘技など、様々なスキルでコナンたちを苦しめていました。しかし、実写版では、アクションシーンが少ないように感じたとの声もありました。

具体的なコメントとしては、以下のようなものがありました。

「原作のジンは、もっと年齢が上の、貫禄のある人物だと思っていた。佐々木蔵之介さんは、演技は上手いけど、原作のイメージと違う。」

「原作のジンは、もっと冷酷で残忍な人物だと思っていた。佐々木蔵之介さんは、冷酷さを表現しようとしていたけど、原作ほど冷酷さが感じられなかった。」

「原作では、ジンは銃や格闘技でコナンたちを苦しめていた。実写版では、アクションシーンが少ないように感じた。もっとアクションシーンがあれば、ジンの強さが伝わったと思う。」

これらのコメントは、いずれも佐々木蔵之介さんの演技自体を否定するものではなく、原作のイメージと比較して、物足りなさを感じたというものです。

全体的に見ると、佐々木蔵之介さんのジン役は、原作ファンからも高い評価を得ていましたが、一部のファンからは、原作のイメージと違うとの意見があったようです。

  

スポンサーリンク

まとめ:佐々木蔵之介のジン役は黒歴史というが今みるとそうではない説!

佐々木蔵之介のジン役のほかキャスティングをながめると、今でも意外にイケてるんじゃないかと思います。実に豪華な俳優陣ですね!

実写テレビドラマ版では、江戸川コナンではなく工藤新一を主人公としており、工藤新一役に小栗旬さん、宮野志保(シェリー)役に香椎由宇さん、毛利小五郎役に陣内孝則さんらが演じており、なかなかの配役です。

宮野志保=灰原哀(はいばら あい)役の香椎由宇さんもしっくりきます!

  

  

⇒香椎由宇さんの記事はコチラ!

  

⇒俳優さんたちの記事はコチラ!

ABOUT US
ムービー杉本
テレビと映画が大好き「ムービー杉本」が芸能・アイドル・映画・ドラマ・アニメ・スポーツ・ニュースを語る! この人は誰?どんな人物? どういう意味? アラスジやネタバレ? など気になることがたくさん出てきます。 自分の備忘録のためと、同じような事を知りたい人のために、疑問点を解消!  そのほか、アイドル、スポーツなど様々なエンタメお役立ち情報を日々提供。 お気軽に読んでくださいね!