森川裕之(浜作店主・料理人)の学歴(高校大学)・年齢・家族(息子妻)などwiki風プロフィール!創業100年で引退宣言!

京都の浜作・店主であり日本料理人である森川裕之(もりかわ・ひろゆき)さんの高校大学の学歴ご年齢息子さんや奥様などのご家族などについてwiki風プロフィールにまとめました!

あのノーベル賞作家・川端康成先生が「これぞ日本の味」と絶賛した、96年の歴史を持つ京都の老舗割烹料理店「浜作」3代目を受け継ぎ、代表取締役も務める森川裕之さん。

日本を代表する料理人と称せられ、日本の味を追求する料理人の人生は苦労の連続でした。そして32年間、板場に立ち続け、肉体的に限界を感じ、ついに引退宣言。そんな森川さんの素顔に迫りたいと思います。

※森川裕之さんは、2022年6月24日 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」放送に出演。

  

スポンサーリンク

森川裕之さんの「浜作(京都・新本店)」の場所、営業時間、メニュー、価格は?「一見さんお断り」で敷居が高いのか、入店対応方法もチェック!

▼2021年7月、2年の休業を経て、浜作新本店で再開!

  

▼川端康成先生(1899-1972、ノーベル賞作家)が浜作さんのために書き下ろした作品。「古都の味 日本の味 浜作

  

浜作(はまさく)」は、日本で最も予約の難しい店、日本で最初の板前割烹、創業96年、川端康成先生が日本の味と言わしめた名店です。また、昭和天皇陛下、上皇上皇后両陛下へ、お食事を差し上げたこともありました。チャールズ皇太子・ダイアナ妃もそうです。

「日本の味」を求め、人生に一度は訪れて食(しょく)したいものです。京都と言えば「一見(いちげん)さんお断り」というイメージがあり、「浜作」さんも、「食べログ」の口コミによれば、まさにそんな店と書いています。常連客以外は敷居が高そうですね。

誰かのツテで入るか、あくまで一見(いちげん)さんとして入るかですね。誰かのご紹介はなかなか機会はないかと思いますが、これだけ有名なお店なので、京都に訪問の際はぜひ寄ってみたいです。完全予約制なので、まずは電話で様子を伺えばいいかと思います。その際、「テレビでみました」「馴染みでないから」「評判を聞いて」「雑誌の紹介記事を見て」と告げれば、いくらなんでも門前払いは無いと思います。

現在、たいへん込み合っているようです。繰り返しになりますがまずは女将へ電話!です。

  

⇒浜作公式ホームページ

  

「浜作」は、祇園本店から移転し、現在は新本店になります。

「浜作」新本店の場所(住所)・電話・営業時間です。

   

〒604-8212 京都市中京区新町通六角下ル六角町360
電話 075-223-8118(予約専用電話)
電話 075-561-0330(新本店代表電話)

営業時間 17:00~22:00(不定休)

  

  

「浜作」新本店のメニューと価格です。

おひとり様、50,000円からです。

老舗割烹料理でありますのでこれくらいはしますね。超一流の味とおもてなしを堪能するに際して、これを高いとみるかは、その人の価値観になります。

メニューである夏の御献立は画像で見ていただくのがよろしいかと。画像は浜作ホームページからです。

  

  

メニューは、ホームページ、インスタグラム、Facebookなどに画像付きで説明があります。

こちらに、浜作と森川裕之さんのリンク先を上げておきますのでご参考まで。

  

⇒浜作公式ホームページ

⇒森川裕之「浜作(京都)」公式インスタグラム

⇒YouTube「京都 祇園 浜作チャンネル」

⇒Facebook「森川裕之 (反好事家八分音符氏)」

  

お店のご紹介は以上です。

  

スポンサーリンク

森川裕之さんの料理の哲学とレシピの著書!音楽・文学・美術に通じた縦横無尽な語りが楽しめます!

  

「東京での学生時代、歌舞伎・クラシック・オペラに通い詰める。」というほど音楽・文学・美術の造詣は深く、その著書にも料理にとどまらない縦横無尽な領域に達してます。

  

■愛蔵版 和食の教科書 ぎをん献立帖
八年前に上梓した「和食の教科書 ぎをん献立帖」が累計二万五千冊も販売、愛蔵版増補補訂として重版されます。(2022年夏予定)

■京ぎをん 浜作料理教室 四季の御献立 老舗割烹三代に習う和食の極
少しの手間で驚くほど味が変わる秘伝のコツをお伝えします。

■和食の教科書 ぎをん丼手習帖
日本最初の割烹料理店である京都・ぎをん「浜作」ご主人・森川裕之さん、初めての著書です。

■浜作主人が語る 京料理の品格 (京都しあわせ倶楽部)
京都旅行の際は、お役たちになる、京都の魅力を語ったガイドブック。

■名食決定盤
雑誌「料理王国」に連載されたエッセイ集。

  

そのほかにも連載やエッセイも多数書かれてます。

こういった料理本のみならず料理教室も開かれています。次が詳細です。

  

スポンサーリンク

森川裕之さんの「浜作お料理教室」の案内!こちらも申し込み多数で森川店主がお詫びするほどの盛況ぶり!

▼現役引退後も「浜作お料理教室」は続けられると思いますが・・・

  

森川裕之さんご自身がライフワークと呼ぶくらいに力を入れているのが「浜作お料理教室」です。30年前、最初はお友達に料理の実験台になってもらったことから始めたという料理教室。

北は北海道から沖縄まで現在全国から200名あまりの生徒さんが毎月集まって料理を習っているほどで、さきほど料理のお値段はおひとり様5万円からと書きましたが、こちらの料理教室も一流の値段が付けられてます。

  

  

超一流の料理人から直接に学ぶ教室ですから、月謝もそれ相当ではないでしょうか!

こちらの料理教室も、申し込みが殺到するほどの盛況で、森川裕之さんがお詫びをしているほどです。

「浜作料理教室」は通算2300回、延べ人数3万人が通う名物教室となり、参加希望者が後を絶たないため、オンライン料理教室「クラブ・オン・浜作」を開講しました。

ご興味のある方は、こちらのページに料理教室ご案内のほかにも「クラブ・オン・浜作のご案内」や「芦屋サロン」ご案内がありますのでご照覧ください。

⇒森川裕之さん「浜作お料理教室」案内ページ(浜作ホームページ)

  

それでは、浜作店主の森川裕之さんの学歴(高校大学)・年齢・家族(息子妻)などwiki風プロフィールにまとめました。

  

スポンサーリンク

森川裕之さんの素顔にせまる!年齢、生年月日、出身、学歴(高校大学)、職歴、家族(息子妻)などwiki風プロフィールまとめ!浜作創業100周年を迎え、まさかの引退宣言!

▼2021年7月開業の浜作新本店に立つ森川裕之さん

  

▼「偉人たちの至高のレシピ」NHKテレビ収録での森川裕之さんと桑子真帆アナ

  

株式会社「浜作」 代表取締役であり三代目店主の森川裕之(もりかわ・ひろゆき)さんは、京都府京都市東山区祇園町にて1962年に生まれました。月日までは公表されてません。2022年6月時点で59歳のお歳です。

高校・大学の学歴について。

家は裕福で幼少のころは何不自由なく育ちましたが、店が忙しくて親にかまってもらえなく、寂しかったと告白してます。

高校については、地元京都であろうかと思いますが、公開されておりません。

京都の生まれ育ちですが、大学は東京へ。青山学院大学に学び、慶應義塾大学大学院史学専攻へ進みますが中退します。慶應大学を中退した理由は、父(二代目・森川武さん)の急逝のためです。浜作を継ぐために大学を中退せざるを得ませんでした。

学生時代は、歌舞伎・クラシック・オペラに通い詰めました。趣味は、歌舞伎、義太夫、清元、常磐津、オペラ歌手やジャズのレコード収集です。(午後はホロヴィッツ演奏のモーツァルトを聴いてます。)

趣味は歌舞伎というくらいで、歌舞伎俳優であり、先ごろお亡くなりになった二代目 中村吉右衛門さんとは親交があり、中村吉右衛門さんは足しげく浜作で料理を楽しんでました。森川さんにとって中村吉右衛門さんは精神的支柱であったと告白されてます。

  

お父さま(二代目・森川武さん)の急逝で、三代目の浜作主人となったのは27歳です。今年三代目として32年目を迎えました。

その間、32年間は毎日が修行、苦労、苦悩の連続だったそうです。

父から継いだ32年間を振り返り、今は「朝から深夜まで板場に立ち続けてきた、肉体的にも限界」と述懐しておられます。

日々気持ちを新たにして「一期一会」「毎日が全力投球」の気持ちで包丁を握ってきた32年間。

浜作が創業から96年がたち、あと4年半ほどで100年を迎えます。

この浜作創業100年を節目に、引退を決意されました。

そして、この100周年までの4年間半、これまで培った膨大な経験を直弟子(男女不問で現在募集中)に伝えようとされてます。(直弟子は男女不問で現在募集中です。)

  

▼2022年5月30日にて引退宣言!

  

森川裕之さん自身は、その後はどうなさるつもりなのか?料理教室やサロンに余生を捧げるのか?あるいは、経営は親族でおこない、店の現場は直弟子に任せるのか?

現役引退をする4年半後の浜作創業100年を見守っていきたいと思います。

  

妻や息子さんの御家族の情報ですが、いっさい公開されておりません。
(ホームページ、Facebook、インスタグラムなどSNSなどから、失礼ながら所帯持ちという感じがしません。ご独身でしょうか!?)

  

森川裕之(もりかわ・ひろゆき)プロフィール

●年齢:59歳(2022年6月現在)
●生年月日:1962年(月日は非公開)
●出身:京都府京都市東山区祇園町
●学歴
・高校(非公開)
・青山学院大学から慶應義塾大学大学院史学専攻中退
・東京での学生時代、歌舞伎・クラシック・オペラに通い詰める。
●職歴
・1991年:父急逝で27歳で3代目として店を継ぎ、以降32年間板場に立ち続ける。

・2017年:日本料理調理人として厚生労働省の卓越した技能者「現代の名工」として表彰される。
・2017年12月:浜作祇園本店の営業終了
・2年間移転休業
・2021年7月:浜作新本店を開業
・2027年:浜作創業100年を迎え、引退予定。
●趣味:歌舞伎、文楽、義太夫、清元、常磐津、クラシック、オペラ、オペラ歌手やジャズのレコード収集、マリアカラスの研究家
●家族:非公開(独身?)

  

スポンサーリンク

あわせて読みたい”食”にかける人たちの記事!バナナ野田枝理さん、ソバ池森秀一さん、ジェラート柴野大造さん、餃子の請井正さん、飲み屋の原島玲子ママ!

▼超一流の料理人・森川裕之さんのプロフィールはいかがだったでしょうか?お店の料理も料理教室にも大人気です。2022年6月24日 NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演!

⇒森川裕之さん「クラブ・オン・浜作のご案内」

  

これまでのNHK 「プロフェッショナル仕事の流儀」の記事はこちらです。お手すきのお時間にでも読んでいただけたら嬉しいです!

⇒出川哲朗の嫁と子供、父母兄姉、母方の家系を徹底調査!出川家・石井家・三鬼家の超貴重な家系図もご紹介!ヤバいよヤバいよ!

⇒谷川緑野(プロフェッショナル出演の脳外科医)の年齢、出身、学歴、職歴、家族、愛車、インスタなどプロフィールまとめ!

⇒森川裕之(浜作店主・料理人)の学歴(高校大学)・年齢・家族(息子妻)などwiki風プロフィール!創業100年で引退宣言!

  

食を極める職人気質の文化人たちの記事はこちら!

バナナ野田枝理さん、ソバ池森秀一さん、ジェラート柴野大造さん、餃子の請井正さん、飲み屋の原島玲子ママ

   

⇒野田枝里の経歴と収入!ホステスから「そんなバナナ」へのきっかけ!

野田枝里の経歴と収入!ホステスから「そんなバナナ」へのきっかけ!

⇒【池森秀一】蕎麦愛・蕎麦道エピソードや蕎麦本の感想や評価!プロフと顔画像も!

【池森秀一】蕎麦愛・蕎麦道を説くエピソードや蕎麦本の感想や評価!プロフと顔画像も!

⇒柴野大造(ジェラート)のwikiプロフや経歴!出身高校や大学はどこ?

柴野大造(ジェラート)のwikiプロフや経歴!出身高校や大学はどこ?

⇒請井正の経歴や年収は?餃子革命の値段や評判は?嫁や子供について!

請井正の経歴や年収は?餃子革命の値段や評判は?嫁や子供について!

⇒原島玲子の名物ママ伝説!新宿ゴールデン街の店名、行き方、住所、電話番号、営業時間はこちら!

原島玲子の名物ママ伝説!新宿ゴールデン街の店名、行き方、住所、電話番号、営業時間はこちら

  

ABOUT US
ムービー杉本
テレビ大好き「ムービー杉本」が芸能・アイドル・ドラマ・アニメ・スポーツを語る! テレビ番組・ドラマ・アニメ・マンガ・ノベルなどで、この人は誰?どんな人物? アラスジやネタバレ? など気になることがたくさん出てきます。自分の備忘録のためと、同じような事を知りたい人のために、疑問点を解消します。 そのほか、音楽、旅行、ワンコ、お金、、、様々なお役立ち情報を日々提供します。 お気軽に読んでくださいね!