荒牧陽子、口パク疑惑の真相!ものまね歌姫はなぜ毎回疑われるのか徹底検証!

荒牧陽子、口パク疑惑の真相!
荒牧陽子、口パク疑惑の真相!

 

ものまね女王として一世を風靡した荒牧陽子(あらまき・ようこ)さんの口パク疑惑の真相について徹底調査しました。

奇跡の天才ものまね歌姫とも賞賛された荒牧陽子さんは、モノマネの超ハイレベルと抜群の歌唱力もあって、、、

 

荒牧陽子、口パクじゃねぇ!?

 

テレビ番組でるたびに、こんな口パク疑惑が毎回沸き起こりますね。

今思い起こせば、荒牧陽子さんのものまねレベルと歌唱力が規格外だったので口パク疑惑説もあったのかという程度なのですが、テレビ番組に出演の今も口パク疑惑はつまとってます。

これは、荒牧陽子さんにとって悲劇なのか、ある意味名誉なことなのか、荒牧陽子さんの口パク疑惑の真相について検証していきます。

まず、「荒牧陽子、口パク疑惑の真相」に迫る前に、荒牧陽子さんの幼少期からどのように歌とともに育っていったのか、そしてブレイク前は何をやってたのか簡単なプロフィールから入っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

荒牧陽子の歌にまつわるプロフィール!幼いころから天才的歌唱力は育っていった!

▼荒牧陽子さん、2021年1月の最新映像!

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒牧陽子(@yoko_aramaki)がシェアした投稿

 

荒牧陽子さんは、1981年1月14日、岡山県岡山市に生まれ、現在40歳です。

荒牧陽子さんの幼少期の歌にまつわるエピソードは、2歳で音程を取りながら歌っていた、3歳で既に30以上の歌のレパートリーを持ち、小学生高学年には地元の歌のコンテストに参加し優勝・入賞を繰り返し、16歳で「NHKのど自慢」にも出場しチャンピオン、、、もうすでに歌にかかわる人生は幼いころから始まっていたという荒牧陽子さんならではのエピソードです。

公称で身長152センチと大柄ではない体形にも関わらず、とびぬけた歌唱力の成長過程は2歳からすでに本格的に始まっていたのですね。

 

荒牧陽子、幼いころからレジェンド
◎2歳で音程を取りながら歌っていた
◎3歳で既に30以上の歌のレパートリーを持っていた
◎小学生で地元の歌コンテストで優勝・入賞を繰り返す
◎16歳で「NHKのど自慢」に出場しチャンピオン

 

岡山市の私立の就実高校を卒業後、上京しシンガーソングライターとしての活動を開始、そのほかにスタジオミュージシャン、コーラス、カラオケのガイドボーカル等の活動も並行していきました。

カラオケのガイドボーカルという聞きなれない言葉が出ましたが、カラオケで歌をうろ覚えの時に補助してくれる、お助け機能のことで、カラオケのガイドボーカルを歌っていたのが荒牧陽子さんです。カラオケではお世話になったかもしれません。

このように、生まれた時から、歌、歌、歌の人生を歩んできたわけで、スタジオミュージシャンとして評価を確立していた荒牧陽子さんが、一躍世間の知るところになったテレビ番組がこちらです。

 

荒牧陽子、飛躍の契機
2011年7月19日「スター☆ドラフト会議」

 

この番組2011年7月19日「スター☆ドラフト会議」で、ものまねシンガーとして世に出た時の衝撃を忘れることができません。

 

スポンサーリンク

荒牧陽子、飛躍の契機「スター☆ドラフト会議」で大ブレイク!奇跡のモノマネ歌姫となる!

この「スター☆ドラフト会議」は、スター候補者がネタを披露して、芸能事務所やレコード会社から来たスカウトマンがスター候補生を争奪するという当時の大人気番組です。テレビ界のスターを目指すスター候補のバトルと芸能事務所の争奪戦は見ごたえがあり、今はもう放送打ち切りなのが惜しい番組でした。

この「スター☆ドラフト会議」に出演した荒牧陽子さんの圧巻の歌唱力に度肝を抜かれた人も多かったと思います。

なんとものまね10連発。

ものまねで歌った歌手10人はこの人たち!

 

牧陽子10連発:平原綾香、aiko、坂本冬美、大黒摩季、西野カナ、minimaru GT、倖田來未、大塚愛、MISIA、レディー・ガガ!

 

ものまね10連発に挑戦し、その圧倒的な歌唱力が大反響を呼びました。

それに荒牧陽子さんの美貌もあって、荒牧陽子さんは一気に大ブレイクしました。

この番組の模様がこちらの動画で観れます。

こちらが、荒牧陽子さんの名を一気に広めた、伝説の「スター☆ドラフト会議」貴重な初登場シーンです!

 

 

荒牧陽子さんのものまねの高すぎるレベル、オリジナルをも超えそうな歌唱力と2拍子そろったものまね完成度で一躍有名になり、テレビで引っ張りだこになりました。

持ちネタのレパートリー曲も豊富で、100名以上の歌手のものまねができます(驚異!)

それでは、いよいよ、「荒牧陽子、口パク疑惑の真相」について、これから切り込んでいきましょう!

 

スポンサーリンク

荒牧陽子の口パク疑惑の真相!なぜ毎度テレビ出演で疑いの目で見られるのか、その理由と原因とは?

荒牧陽子さんのものまねと歌唱力のレベルは揺るぎないのに、テレビ番組に出演すると決まって口パク疑惑が出るのはなぜなのでしょうか?

まず、ものまねと歌唱力のレベルについてですが、こちらの番組の企画で、本物のCDと荒牧陽子さんのモノマネを聴き比べメドレー挑戦というものがありました。本物のCD音源と荒牧陽子さんモノマネを交互に聴き比べるという、本物との違いがくっきり現れかねないというものまねタレントにとってはハイリスクの企画なのですが。。

これを観ていただくと、荒牧陽子さんのモノマネと歌唱力は誰もが認める超絶ハイレベルの域にあることが分かります。

それと、、、なんとこの動画では、高校時代の荒牧陽子さんも見ることができます。高校生ですでに大黒摩季さんのそっくりやってますので、ぜひ見てください。髪が短く丸顔で初々しい!

 

 

上の動画見ていただくと、、、どう見ても口パクではないですね。

はい、完全に口パクではありません。

結局、口パクなのか、そうでないかの結論ですが、 ”荒牧陽子さんは口パクではない” に一票を投じます。

 

荒牧陽子口パク疑惑:口パクではない!

 

あまりにも超絶的なモノマネが、口パク疑惑を引き起こしたというのが真相です。

マイクを口から近づけたり離したりといったマイク位置と音声がずれているのが口パクだという根拠でありまして、上の動画見ても何か所かそう見受けられるところありますが、、、これって10年前からもずっと言われていることで同じ現象ですね、、、そこは音声を強めたり弱めたりビブラートをかけたりして調節した結果、口パクに見えてしまうという、、、

歌唱パフォーマンスとものまねが天才的すぎるがゆえに起こった疑惑に過ぎなかったと言えると思います。

 

こちらは最近の荒牧陽子さんのYoutube動画の「紅蓮華」「炎」、じっくり聴かせてくれますよ!

 

以上、荒牧陽子さんの抜群のモノマネレベルの高さは実証され疑いないものですが、、、

一方で、テレビ番組の企画モノでは、口パクではないかという疑惑が相次いで起こる理由と原因を考えてみました。

最近の口パク疑惑で多かったのは、あの人気番組、2020年8月13日放送のニンゲン観察バラエティ「モニタリング」ですね。

「ガソリンスタンドで夢のショータイム、1000円でドライブスルーのシンサービスがあったら」という企画で、25秒あたりで荒牧陽子さんが出てきてLiSAの紅蓮華を歌うんですけど、、、

 

 

これ、モノマネ的にも微妙で、マイクと声がずれてるようにも聴こえて、荒牧陽子ファンとしては最悪だったと思います。ガソリンスタンドという屋外で周囲は雑音、歌手としては、ほんと最悪の環境だったと思います。これ観ると口パク疑惑もあり得るかというほどの悪い出来だったのではないかと。。

荒牧陽子擁護派として言わせていただくと、マイクと声がずれてるようにも聴こえるのは、オペラ歌手や歌唱力のある歌手が歌うときによくみられるマイクレングスの取り方、つまり強く発声するときはマイクを遠く、発声を弱くするときはマイクを近くする、というテクニックのひとつ!

アイドル・グループやダンス・ユニット、あえてグループ名は申しませんが、口パクが当たり前とはいわないもでも、かなり見受けられます。歌手としてテレビに出てるので、歌での大きな失敗は許されることではありませんし、あの激しいダンス・パフォーマンスと厳しいスケジュールのなかで魅せる歌を披露するわけですから、口パクにならざるをえないのは理解を示します、、、

その反面、ある程度すこしくらい音がすれても、生身で歌ってるんだから、人間的でそれもいいなとは思ってます。一方で、テレビ番組なのである程度演出もあっていいかなと。。

ここでの結論は、グレーゾーン的な見解で、まさに疑惑というものですね。

 

荒牧陽子さんは基本は口パクではない、、、が、テレビ番組の企画モノでは演出的に音の編集もあるかもしれない。。。

 

ということでお口直し的に、、、こちらの番組動画で、コロッケはじめ同じ業界の人たちが荒牧陽子さんを絶賛してます。

「紅蓮華」を6人の違う歌手のモノマネで歌う、「紅蓮華」豪華6人ものまねメドレー、ぜひご覧ください。

 

 

荒牧陽子さんを形容する言葉に、規格外、凄すぎる、天才的、、、とかありますが、あくまでものまね歌手の枠内でのことすね。

究極のモノマネ・エンターテイメントで楽しませていただいており、いち視聴者としては誠にありがたいことなのですが、、、今後は、荒牧陽子さんはシンガーソングライターでもあり、オリジナル曲でぜひヒットを飛ばしてもらいたいものです。

これからの荒牧陽子さんにご活躍を切に祈念しております。

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

こちらの歌手の記事も、あわせて読んでいただけたら幸甚でございます。

 

⇒ milet(ミレイ)の年齢や国籍などプロフィールまとめ!【祝・NHK紅白初出場】

⇒ 【川奈ルミ】のプロフ(生年月日、血液型、経歴など)!実はデヴィ夫人とは双子!

⇒ 【森山愛子】シンディ・ローパー感涙させた歌声で紅白初出場2020へ!

   

ABOUT US

ムービー杉本
テレビ大好き「ムービー杉本」が芸能・アイドル・ドラマ・アニメ・スポーツを語る! テレビ番組・ドラマ・アニメ・マンガ・ノベルなどで、この人は誰?どんな人物? アラスジやネタバレ? など気になることがたくさん出てきます。自分の備忘録のためと、同じような事を知りたい人のために、疑問点を解消します。 そのほか、音楽、旅行、ワンコ、お金、、、様々なお役立ち情報を日々提供します。 お気軽に読んでくださいね!