下村彩里アナが毎度かわいそうという声があがっています!全国各地の過酷な現場で体を張ってがんばってます!

下村彩里アナが毎度かわいそうという声があがっています!
下村彩里アナが毎度かわいそうという声があがっています!

報道ステーションフィールドリポーター下村彩里アナが毎度かわいそうという声が鳴りやみません!

気になって、今回(2024年2月5日)の関東地方の大雪のニュースを見ましたが、当然のように下村彩里アナの現地リポートをみました。

全国各地からは毎回のように同情の声があがってます。

全国各地の過酷な現場で体を張って頑張っている下村彩里アナをリポートします!!

   

スポンサーリンク

下村彩里アナが毎度かわいそうという声が鳴りやまない!

▼やはり、下村彩里アナ、今回の大雪でも現地リポートやってました!えらい!

  

▼新潟上越でもリポート

  

下村彩里アナはテレ朝「報道ステーション」のフィールドリポーターです。

毎回、過酷な現場へ飛ばされて現地リポートを務めています。

フィールドリポーターなのでしょうがないのですが、全国からは同情の声が鳴りやみません。

  

▼帰宅して録画した報道ステーション観てるけど また下村彩里アナに可哀想な位の過酷中継リポートさせてるやん  何でテレ朝って女子アナ雑に扱うのかな気い悪いわ

https://twitter.com/jeison_gideon/status/1737448588643651955

  

▼彩里が可哀想

  

▼下村アナ、引き続き秋田で取材。水に浸かった畳持たせるなんて可哀想過ぎます

  

▼中でも下村彩里アナがイチオシでして、 スレンダーな体型や女子アナながら華美過ぎずむしろ幸の薄ささえ感じられる(←失礼)ところで既にタイプなのですが 何より、事件や災害の現場へ全国各地を転々とさせられ、観ていて「可哀想…」と思えるような過酷な環境下でも体を張って頑張る姿に惹かれました。

  

  

こちらは、「現地リポートのかわいそう」ではなく、お天気キャスターだった時に、「かわいそう」といわれる始末。

▼なにこれ。メイクもヘヤーメイクも衣装も適当過ぎやん。流石に可哀想やわ

https://twitter.com/ul9oh0bfk/status/1375082180750106625

  

「スレンダーな体型や女子アナながら華美過ぎずむしろ幸の薄ささえ感じられる」

この言葉が下村彩里アナのすべてを物語っているような!

思わず応援したくなる、がんばれ、下村彩里アナ!

  

スポンサーリンク

下村彩里アナのプロフィールまとめ!

▼下村彩里アナ:テレ朝「報道ステーション」のキャスティングのページから

  

下村彩里(しもむら・さいり)アナは、現在テレビ朝日で活躍しているアナウンサー。

1994年8月30日生まれ(29歳、2023年2月)の東京都出身で、日本女子大学家政学部児童学科を卒業した後、2019年4月にテレビ朝日に入社しました。

身長は173cmとアナウンサーの中でも特に高身長で、その抜群のスタイルと清楚なイメージで多くの視聴者に愛されています。

幼少期からクラシックバレエを習い、将来はバレエダンサーやバレエ講師を目指していた下村アナは、日本女子大学附属高等学校を卒業後、カナダとイタリアにバレエ留学を経験しています。しかし、イタリア留学中に足を痛め、バレエを続けることを断念した経験を持っています。この経験は、下村アナが人生の挫折を乗り越え、新たな夢であるアナウンサーへの道を歩み始めるきっかけとなりました。

下村アナの趣味は、踊ることと1970年代の日本歌謡曲を聴くことで、特にピンクレディーが好きと公言しています。また、特技はクラシックバレエ、バイオリン、姿勢改善ストレッチの指導で、犬の鳴き声のものまねもできるという意外な一面も持っています。これらの多彩な趣味・特技は、彼女の人柄の豊かさと多才さを物語っています。

テレビ朝日入社後は「報道ステーション」のお天気キャスターとしてデビューし、その後も多くの番組で活躍。明るく、知的で親しみやすいキャラクターが視聴者から高い支持を受けています。

下村彩里アナの今後の活躍から目が離せません。

    

    

⇒アナウンサーさんたちの記事はコチラ!

ABOUT US
ムービー杉本
テレビと映画が大好き「ムービー杉本」が芸能・アイドル・映画・ドラマ・アニメ・スポーツ・ニュースを語る! この人は誰?どんな人物? どういう意味? アラスジやネタバレ? など気になることがたくさん出てきます。 自分の備忘録のためと、同じような事を知りたい人のために、疑問点を解消!  そのほか、アイドル、スポーツなど様々なエンタメお役立ち情報を日々提供。 お気軽に読んでくださいね!