新型コロナウィルスが日本を襲う!予防にはマスク着用!原因や治療、その感染経路は!?

新型コロナウィルスが日本を襲う!予防にはマスク着用!原因や治療、その感染経路は!?
新型コロナウィルスが日本を襲う!予防にはマスク着用!原因や治療、その感染経路は!?

新型コロナウィルス(新型肺炎)のニュース報道の通り、中国の武漢で発生した新型コロナウィルスによる肺炎の発症が拡大しており、各企業や外務省から中国に関して「感染症危険情報」が出されています。

新型コロナウィルスの怖いところは、感染経路・感染力・毒性がはっきりしていないことです。(現時点で)

折も折、今の時期は中国の春節(1月24日から7日間の1月30日まで)にあたり、多くの観光客や旅行者が日本を訪れます。

それでは、新型コロナウィルスによる肺炎に関する対応について、下記の注意事項を踏まえて海外渡航や日本国内での慎重な対応につき詳しく説明します。

題して、「新型コロナウィルスが日本を襲う!予防にはマスク着用!原因や治療、その感染経路は!?」どうぞ!             

スポンサーリンク

1.新型コロナウィルスによる肺炎の発生状況

1月31日(金)15:30での国際ニュース:AFPBB News発表による発症者数、死亡者数です。

パンデミック状態です。

今後は数がどんどん増えていくことになるでしょう。

※本日213名死亡という報道がありました。(1月31日(金)15:30)

国/地域 発症者数 死亡者数
中国 10,000人 213人
台湾 8人 0人
韓国 11人 0人
タイ 14人 0人
ベトナム 5人 0人
シンガポール 13人 0人
米国 6人 0人
日本 14人 0人
スポンサーリンク

2.新型コロナウィルス:海外出張についての注意点

外務省から中国に関して「感染症危険情報」として海外渡航の注意点は以下です。

(1)1月/24日、中国/湖北省全体について、外務省から「感染症危険情報レベル3(渡航は止めてください」が出されたのに伴い、武漢を含む湖北省全体への渡航を禁止しました。

(2)その他の発症者発生地域については、爆発的な感染に至っているとの情報がないことから現時点では渡航制限は実施してません。但し、中国については外務省から「感染症危険情報レベル1(十分注意してください)」が出されているので、計画にあたっては現地の最新情報を入手して慎重に検討をしましょう。渡航する場合は予防のためにマスクを持参しましょう。

(3)渡航前に発熱した場合は出張を中止しましょう。また現地で発熱した場合は日程を柔軟に変更し航空機による移動を控えましょう。

簡単にまとめると、中国への旅行や出張は控えたほうがいい、渡航する場合はマスク着用することです。

スポンサーリンク

3.新型コロナウィルス:日本国内における留意点

(1)春節(1月24日~1月30日)にかけて中国からの旅行者が多数来日することが見込まれることから人込みではマスクを着用しましょう。

(2)中国からの来客、帰任者が体調不良を訴えた場合はマスクの着用を促し、速やかな受診をしましょう。

(3)新型コロナウィルスの感染力、毒性は明確になっていないが、通常のインフルエンザに準じて予防を心掛けましょう。

・人込みを極力避けるとともに避けられない場合はマスクを着用る。

・外出先から帰宅(帰社)時の手洗い、うがいを実施する。

・体調不良の場合は速やかに医療機関を受診し無理に出社しない。

日本国内でもマスク着用が奨励されてます。

今回の新型コロナウィルスといい毎年この時期はマスク着用の時期なので、ふだんマスクは買い溜めしておいたほうがいいですね。

スポンサーリンク

4.まとめ:新型コロナウィルスが日本での予防にはマスク着用!

今回の新型コロナウイルスの感染経路・感染力・毒性など不明点が多いのですが、通常の風邪予防対策が当てはまると思います。

・外出時はマスクを着用する
・手洗い/うがいを行う
・栄養をとり睡眠をとる

もう常識的な範囲です。もうこれしかないです。

もしもどうも体調が悪いと自覚症状が出たならばすぐに病院へ行くのが正解です。

往年のSARSやMERSなどの大騒動にならないよう祈るばかりでしたが、非常事態となりました。