元・炎柱の煉獄槇寿郎(杏寿郎の父)の堕落の理由とは!?まだ不明のエピソードがある?【鬼滅の刃】

元・炎柱の煉獄槇寿郎(杏寿郎の父)の堕落の理由とは!?まだ不明のエピソードがある?【鬼滅の刃】
元・炎柱の煉獄槇寿郎(杏寿郎の父)の堕落の理由【鬼滅の刃】

 

テレビアニメ『鬼滅の刃・無限列車編』第一話では、炎柱・煉獄杏寿郎と再会を果たし、感動を味わいました。

しかも杏寿郎の父である元・炎柱の煉獄槇寿郎の登場には予想もしなかっただけに度肝を抜いてしまいました。炎柱時代の槇寿郎と杏寿郎の寸分違わない剣の所作であったというエピソードには鳥肌が立ちました。

一方で、自暴自棄になった父・槇寿郎がいる煉獄家の暗さには、杏寿郎が明るく真面目で一本気なだけに、見ていて悲しくなります。

それにしても鬼殺隊の最高の剣士である柱にまで登った男・槇寿郎が、なぜ柱を辞め、酒浸りの自堕落な生活をおくるようになったのか理由を明かしたいと思います。

    

煉獄家
◎炎柱(えんばしら)・煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)
◎元・炎柱の煉獄槇寿郎(れんごく・しんじゅろう):杏寿郎の父
◎千寿郎(せんじゅろう):杏寿郎の弟
◎瑠火(るか):杏寿郎の母

    

スポンサーリンク

元・炎柱の煉獄槇寿郎(杏寿郎の父)の堕落の理由とは!最愛の人の喪失が大きかった!

      

なぜ煉獄槇寿郎(れんごく・しんじゅろう)は炎柱を辞め、酒におぼれる日々を送ることになったのか?

鬼殺隊の最高ランクである柱にまで上り詰めた人間がいっきに堕落していく様はちょっとした謎です。

漫画原作には、槇寿郎(杏寿郎の父)の堕落の理由が明かされています。

   

(1)最愛の妻・瑠火(るか)を病気で失った悲しみ
(2)至高を求めるがゆえに己の才能の限界に気付き心が折れてしまった 

   

(1)(2)の両方が重なり合って、槇寿郎は最愛の妻への悲しみとともに、己の限界を知り、人生に嫌気がさし、自堕落な生活を送るようになったのだと、漫画原作では明かしてます。

原作漫画「遊郭編・10巻」で、槇寿郎は炭治郎へ謝罪と励ましの手紙を送っていて、その手紙に理由を書いてますので、これは紛れもない理由となります。ひとつひとつ詳しく見ていきます。

  

炭治郎が杏寿郎の父への伝言を伝えに煉獄家を訪問します。

槇寿郎のセリフ「人間の能力は生まれた時から決まっている」と炭治郎たちに吐き捨てるように言った言葉。

さらに追い打ちをかけるように「才能のあるものはごく一部、あとは有象無象、なんの価値もない塵芥(ちりあくた)だ!!」「杏寿郎もそうだ、大した才能はなかった、死ぬに決まっているだろう」と、多くの人を救った結果の末に散った杏寿郎に対していう言葉ではありません。

槇寿郎自身と重ね合わせて、おのれに向かって吐いているかのようです。

   

そして、重要な「鬼滅の刃」の要素である呼吸の件で、槇寿郎は炭治郎へぶつけます。

炭治郎を見ただけで、炭治郎を「日の呼吸」の使い手だと看破します。(このとき炭治郎はまだ何を言っているのか気が付きません)

水や炎や風は、しょせん日の呼吸の後追いにすぎない、劣化版にすぎない」と炎の呼吸の使い手である自らを卑下してしまいます。

    

さらに、特に大切な書物「歴代炎柱の書」をずたずたにして読めないほどに破ったエピソードは、おのれの限界・ふがいなさに打ちのめされた心情の発露でもあったのかと推察されます。

    

しかしまた新たな疑問が、、、そもそも、槇寿郎は、なぜここまで自分を追い詰め、己の無能を知ったのか・・・自分の限界を知ったエピソードは何だったのか?

    

煉獄槇寿郎には、まだ誰も知らないエピソードが残されているのではないかと、私にはそう思わずにはいられません。ぜひ知りたいです。

また、千寿郎は炭治郎に「歴代炎柱の書」を修復すると誓いますが、その後どうなったのか?こちらも気になりますよね。

    

スポンサーリンク

元・炎柱の煉獄槇寿郎(杏寿郎の父)のその後!煉獄家も大団円で、めでたしめでたし!

     

炎の呼吸を受け継ぐ家系に生まれ育った槇寿郎は息子たちへの修行を放棄と酒浸りの日々、炭治郎との出会い・・・その後、槇寿郎はどうなったかといいますと・・・

    

(1)炭治郎が煉獄家を去った後、杏寿郎の終(つい)の言葉「体を大切にしてほしい」に槇寿郎はむせび泣くのでした。あれだけ亡き杏寿郎へ酷いことを言っても、息子の死を悼む槇寿郎でした(涙)

(2)上でも述べましたが、槇寿郎は炭治郎へ、炭治郎への非礼の謝罪と励まし、杏寿郎への尊敬の念を添えて、手紙を書いて送りました。

(3)その後、鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)との最終決戦では、産屋敷家(うぶやしきけ)に入り、後方支援として、産屋敷耀哉の子供たちをサポートし、炭治郎たちを後方支援します。

(4)最終決戦で療養中の炭治郎の元に、息子・千寿郎とともに訪れた槇寿郎。息子・杏寿郎の鍔を使って勝利した炭治郎に対し、息子・千寿郎ともども厚く御礼を述べます。その鍔とは、息子・千寿郎が煉獄家を訪れた炭治郎へ、杏寿郎の刀の鍔(つば)を使ってくれと頼み、贈ったものだったのです。

煉獄家の最後は、めでたしめでたしでした。よかった。

   

それにしても、元・炎柱の煉獄槇寿郎と息子たち杏寿郎・千寿郎との複雑な関係性、これだけでも見せ場を作ってくれる「鬼滅の刃」にいたく感動を覚えるのでした。

   

スポンサーリンク

あわせて読んでほしい【鬼滅の刃】記事!

     

心を燃やせ!!

こちらの【鬼滅の刃】記事でも楽しんでいただければ、嬉しいです!!

     

⇒神崎アオイの呼吸は意外にも!時透無一郎とのエピソードやプロフィールまとめ!【鬼滅の刃】

     

⇒江原裕理(神崎アオイ声優[鬼滅の刃])の高校はどこ?経歴やプロフィールをチェック!

    

⇒【鬼滅の刃】の無料でフル動画を視聴する方法!キャスト(声の出演)や見どころも!

    

ABOUT US

ムービー杉本
テレビ大好き「ムービー杉本」が芸能・アイドル・ドラマ・アニメ・スポーツを語る! テレビ番組・ドラマ・アニメ・マンガ・ノベルなどで、この人は誰?どんな人物? アラスジやネタバレ? など気になることがたくさん出てきます。自分の備忘録のためと、同じような事を知りたい人のために、疑問点を解消します。 そのほか、音楽、旅行、ワンコ、お金、、、様々なお役立ち情報を日々提供します。 お気軽に読んでくださいね!